時代は太陽光発電、制度が変わる前の駆け込み需要

現状の法律制度や、現在の電気代を考慮した場合に財布にメリットがあります。
単に自然エネルギーがエコロジーぽいので好きだとか、原発が嫌いという訳ではありません

もちろん昼間なら地震で停電しても冷蔵庫を動かし続けることができます。

img_image01baiden

一般的に採算が取れるのは4kW以上かつ、1kWあたり50万円以下。
よって4kW = 200万円以下であるなら採算が取れます。
それ以上ですと、かなり日当たりが良くないと元を取るのは難しいかもしれません。

また、このブログを通じて一人でも太陽光発電の見積もりを行っていただけるなら
”ぴーしー西谷” に小額の紹介報酬が入りますので見積もりだけでもしていただければ嬉しく思います。

屋根図面を添付で正確な見積もりができるサイトがこちら(設置できる枚数が分かります)


また、既にお隣さんがソーラーパネルを設置していると発電した電流が外へ流れにくくなります。
その結果売電量が減ってしまうこともありますので、ご近所さんが設置していないかどうかもチェックです。
既に設置している家庭は、隣近所に設置をすすめることはまずありません。
言い方が悪いですが、ライバルが増えて欲しくないからです。
そのため設置するかどうかは近所の人の意見ではなく、自分で決める必要があります。

時代は太陽光発電、制度が変わる前の駆け込み需要」への1件のフィードバック

  1. コルレア

    当ホームページに訪問ありがとうございます。
    ぴーしー西谷さんのブログ、色々勉強になります。
    色々参考にさせていただきますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です