月別アーカイブ: 2013年3月

期間限定ポイント、私はこう使ってます。

Published / by pcnishiya / 期間限定ポイント、私はこう使ってます。 への1件のコメント

楽天ポイントは円・ドル・ユーロ並の価値があります

09071121N_b

基本的に商品購入や、楽天カードの使用で付与されたポイントは1年が期限ですが、1年に1回でもカードを使っていれば、ポイントは永久不滅です。
しかし、色々開催中のキャンペーンに参加すると「期間限定ポイント」というものが付与されることがあります。
50円~5000円など様々ですが、毎月20日に末日までのポイントが付与されたりします。

このポイント付与の狙いは、ズバリ
それを餌にして、もっと高い商品を買わせようとする楽天の作戦でもあります。
しかし、放置すればそのまま消えて失効してしまいますのでそれももったいないですね。

そこで今回は小額の期間限定ポイントを無駄にすることなく活用する方法をまとめてみました。

  • 50円前後の場合
  • 100円で送料無料の小額商品もありますが、そういった物を狙うと、送料の関係で地元のスーパーより割高になってしまいます。
    現金をプラスして長期間保管しても腐らない、蛍光灯や電球などの消耗品を買いましょう。

  • 500円前後の場合
  • 私は、腐らないものではプリンターの互換インクがおすすめです。
    他、食品では以下がおすすめです。

  • 5000円以上の場合
  • 臨時収入だと思って、割高割安の主婦感覚を忘れ、普段は買わないような物を購入するのが良いでしょう。
    しいて言うならば、その贅沢。日本経済に貢献しています。
    例えば、こういった詰め合わせ食品を購入すれば震災時の備えにもなるのでオススメです。

    2015年3月15日追記
    街でも喫茶店やコンビニでRカードを使うことでポイントが使えるようになりました。

    時代は太陽光発電、制度が変わる前の駆け込み需要

    Published / by pcnishiya / 時代は太陽光発電、制度が変わる前の駆け込み需要 への2件のコメント

    現状の法律制度や、現在の電気代を考慮した場合に財布にメリットがあります。
    単に自然エネルギーがエコロジーぽいので好きだとか、原発が嫌いという訳ではありません

    もちろん昼間なら地震で停電しても冷蔵庫を動かし続けることができます。

    img_image01baiden

    一般的に採算が取れるのは4kW以上かつ、1kWあたり50万円以下。
    よって4kW = 200万円以下であるなら採算が取れます。
    それ以上ですと、かなり日当たりが良くないと元を取るのは難しいかもしれません。

    また、このブログを通じて一人でも太陽光発電の見積もりを行っていただけるなら
    ”ぴーしー西谷” に小額の紹介報酬が入りますので見積もりだけでもしていただければ嬉しく思います。

    インターネット地図で概算見積もりができるサイトがこちら(南向きかどうかの確認も可能)

    屋根図面を添付で正確な見積もりができるサイトがこちら(設置できる枚数が分かります)


    また、既にお隣さんがソーラーパネルを設置していると発電した電流が外へ流れにくくなります。
    その結果売電量が減ってしまうこともありますので、ご近所さんが設置していないかどうかもチェックです。
    既に設置している家庭は、隣近所に設置をすすめることはまずありません。
    言い方が悪いですが、ライバルが増えて欲しくないからです。
    そのため設置するかどうかは近所の人の意見ではなく、自分で決める必要があります。

    相互リンク
    太陽光発電は定期預金よりも低リスクでお得?

    LED電球は何年で元が取れる?

    Published / by pcnishiya / Leave a Comment
  • Q.LED電球は何年で元が取れますか?
  • 電気関係の学校を卒業した私はLEDが電球より省電力であることは知っていました。
    LEDは熱に弱く高電圧で長時間点灯すると焼き切れてしまうものでしたが。
    この10年間に放熱技術が発達したため、
    現在はガソリンスタンドの水銀灯(300W)照明から、
    安定性が求められる信号機まで様々な分野で使われています。

  • A.2.7ヶ月で元が取れます
  • 1日10時間点灯した場合(1日5時間なら半分、1日2.5時間なら1/4で計算できます)

    電気代の点では
    image_04_02
    差額22,885円

    寿命の点では
    image_04_01
    40倍
    金額を計算すると、LEDは550円、白熱電球は50円で売っていますから
    50×40=2,000円
    2,000-550=1,450
    差額1,450円

    ですので、1個LEDに交換して10年使った場合
    合計:24,335円の節約になります。
    何年で元が取れるかは、LED電球の本体価格で割れば良い訳ですから
    24,335÷550=44
    つまり10年(120ヶ月)を44で割ると、2.7ヶ月で元が取れます

    しかも1日10時間使って10年持つわけですから、5時間なら20年、2.5時間なら40年持つ計算です。
    賢く節約したいですね。

  • Q.取り外した白熱電球は捨てるしかないの?
  • 交換したはいいものの、まだ使える白熱電球をただ捨ててしまうのはもったいないものです。
    一部店舗では使用済み電球を100円で下取りしてくれましたが、下取りしている店はLED電球の値段に下取り価格が転化されている場合がほとんどです。

  • A.LEDに不向きな場所で使いましょう
  • LED電球には内部に電子回路が内蔵されています。そのため
    湿度・温度の高い場所や、横向きに取り付ける器具の場合はLED電球よりも白熱電球の方が向いています。
    「風呂場」「洗面所」「ポーチライト」のスペアとして保管しておきましょう。

    ぴーしー西谷ではLED電球の取り付け、交換、不用品回収も行っていますのでお気軽にご相談ください

    100円ショップでLED電球は買ってはいけない
    写真画像出展元資料 – SHARP